投資助言・代理業の申請の流れ

当事務所に依頼を頂いてから、投資助言・代理業者として、営業を開始するまでの流れは、以下のようになります。(基本的には第二種金融商品取引業と同じになります)3元データー

申請の流れについて、特に注意すべき事項をまとめています。

  • 多くの場合、申請前に、財務局に事前相談を行うことが必要です。この事前相談には、行政書士が同行することも可能ですが、事前準備として、ビジネスモデルや人的構成、社内モデルを説明するために概要書(質問表)の準備が必要になります。
  • 標準処理期間は2ヶ月です。それ以外にも、実務では、財務局への事前相談に向けての準備期間が1ヶ月、事前相談に2ヶ月、登録後の金融ADR制度に対応するために必要な登録作業に1ヶ月と、実際の業務開始までは、通常は半年以上を見込んでおく必要があります。
  • 原則として、登録後、一般社団法人日本投資顧問業協会に登録する必要があります。
  • 定款には、事業目的として、投資助言・代理業を行う旨の記載が必要です。
アイサポートにお任せください!
まずは一度、お気軽にご連絡ください
050-2018-0735
メールは24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

↓電話番号をタップして発信できます↓

050-2018-0735

受付時間 平日9:00~18:00 お気軽にご連絡ください