みなし有価証券とは

不動産の証券化ビジネスなどとも関連しますが、みなし有価証券とは、一体、何を指EQ019_Lすのでしょうか?

みなし証券とは、証券又は証書に表示される権利以外の「権利」を指し、金商法上、有価証券とみなされるものを指します。

証券又は証書に表示される権利=有価証券ではあるのですが、証券や証書に表示されていない権利についても、一定のものは、みなし有価証券として、投資者保護の対象にしましょうということです。

そして、金商法では、みなし有価証券も有価証券とされています。本来の定義からは有価証券ではないけれども、有価証券として定義しているのです。

金商法では、以下のもの等が「有価証券」として、定
義されています。

民法上の有価証券とは、範囲が異なります。

① 国債、地方債、社債等の債券
② 株券、新株予約権証券
③ 投資信託の受益証券
④ 貸付信託の受益証券
⑤ 外国の証券
⑥ みなし有価証券(信託の受益権、合名会社・合資会社の社員権、合同会社の社員権、任意組合契約、匿名組合契約、投資事業有限責任組合契約、有限責任事業組合契約に基づく権利 等)
⑦ カバードワラント
アイサポートにお任せください!
まずは一度、お気軽にご連絡ください
050-2018-0735
メールは24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

↓電話番号をタップして発信できます↓

050-2018-0735

受付時間 平日9:00~18:00 お気軽にご連絡ください